幼児に携わる仕事内容

フィールドも様々に展開

共働き世帯が増える昨今、保育のスペシャリストとして保育士は社会から求められています。活躍が想定されるフィールドや役割に違いがあるものの、企業や地域社会などの子供に関する領域で力を発揮する目的は同じです。例えば、保育士の仕事として求人情報数も多いのは、幼稚園や保育園などでのフィールドです。主な仕事内容として園での保育で、遊びや音楽、運動や工作などを通して情操教育を行いながら、日常のふれあいや集団行動などの社会性を育む役割を担っています。

預かることも保育士の仕事

共働き世帯が増え、女性の社会進出によって託児所や院内保育所までが増設されています。医療機関では看護師が夜間勤務などができる支援として、院内保育所や託児所を設けているため、保育士の仕事内容としては預かる・保護を目的とします。勤務が終わるまでの間、預かる子供の年齢にあわせて遊びや絵本の読み聞かせ、さらに夜間の場合には就寝時間にあわせて添い寝やトイレトレーニングなどにも携わり、親代わりとなるのが特徴です。

企業系での保育士の仕事内容

さらに保育士のフィールドには、家庭からの相談に応じたり、基本的な生活習慣や生活上のアドバイスなどを行うなどの指導員としての携わり方も展開されています。保育のスペシャリストであり、幼児の母親との接点も教育現場で活躍する人材の中で一番身近であるため、福祉や教育施設などの心理系分野で活躍する保育士も増えています。その他、保育の知識を活かす仕事には幼児教育系となる企業において、玩具や文具、教材などの企画から製作などに携わるなど、活躍の場は多岐に渡ります。

保育士の求人を大阪で探す場合、より好条件での採用をしてもらうために専門のスタッフによる紹介サイトを利用すると良いです。