アルバイトでも医師が可能!高収入をゲット!

医師の勤務体系は自分で選択が可能です。

医師には様々な勤務体系で働いている医師がいます。勤務体系は医師が自分で決めることができるというメリットがあります。しかし、緊急手術などが発生した場合には、休日でも病院から呼び出されることも珍しくはありません。基本的には常勤と非常勤の医師がいますが、常勤の医師は常に病院へ出勤して定休日のみ休みになります。しかし、非常勤の医師は不定期に出勤するために休日が多くなります。非常勤の医師は他の病院でも勤務をしている場合があるために、複数の病院を掛け持ちして仕事をしています。

実は非常勤の医師はアルバイトの場合が多い

一般的には医師は正社員だと思っている方も多いと思いますが、実際にはアルバイトで医師を行っている医師もいます。病院へ行くと常勤や非常勤という札を見ることがあるでしょう。しかし、非常勤という勤務体系は常に病院に出勤しているのではなくて、定期的に勤務しているので常勤として働く病院が見つかるまでの間、アルバイトとして医師を行う場合があります。これが、非常勤の医師です。しかし、アルバイトとして働く場合でも医師免許が必要なので、常勤も非常勤も医師には変わりがないため、仕事内容は同じです。

日本の医療機関では医師不足が続いている

日本の医療機関では医師不足の影響から長時間の勤務をすることになります。診療所などや開業医なら診察のみを行っているため、定時で帰宅することが可能ですが、大学病院などの総合病院では入院が可能になっているため、当直明けでも勤務する場合があります。しかし、長時間の勤務をすることによって、高額な給料を得ているのが医師です。一般の企業では手にすることができないほどの給料を手にすることができますが、長時間に渡って勤務をすることになるので、医師不足になっているのでしょう。

お医者様といえば高収入なイメージですが、一般病院勤務の医者の給料は、サラリーマンと大差なく、バイトをすることで収入を増やしています。医師のバイトといえば、主に他病院の当直等が該当します。