子育てしながら仕事がしたい!時間の融通の利く仕事3選

勤務時間がしっかりと固定されている事務職が人気

家事と仕事を両立させるには、毎日の生活リズムを一定にすることが大切です。毎朝の子どもの保育園への送りや、お迎えなど時間が決まっています。そのため、仕事も朝決まった時間に始まり、毎日決まった時間に終わってくれるととても助かるはずです。そんな仕事の中では、企業の事務スタッフなどが人気です。最近の企業は残業をすることを推奨していないので、事務スタッフであれば、毎日定時退社できることが多いのです。この職種に就くには、ワードやエクセル、パワーポイントなどのオフィス系のソフトが使えると就職しやすいでしょう。

時間の融通を利かせるなら飲食店スタッフもおすすめ

飲食店スタッフは、もともと主婦などが勤めることが多く、子育てをしながら働く同じ境遇の人が多いのです。職場でも、子育てのために時間に制限があることには寛大でしょう。勤務形態についてはシフト制を採用していることが多く、特定の時間帯だけ働くということも可能で、家庭の事情に合わせて仕事ができるもメリットです。この仕事は厨房スタッフと接客スタッフの2種類があります。人と話すのがあまり好きでないようであれば厨房スタッフがおすすめでしょう。いろいろな人と話して刺激が欲しい人には接客スタッフがおすすめです。

スーパーの仕事も時間の調整がつけやすい

子育てをしながら働く人が多く選ぶ職場の中に、スーパーのスタッフがあります。やはり、同じ境遇の人が多いため、子育てに関する件は寛大な対処をしてくれることが多いです。仕事内容としては、レジ打ちや商品の陳列、接客などがあります。接客をして人と話したり、同じ境遇同士の職場の仲間同士で会話したりなどで、ストレスが解消できたりやりがいなども感じられるかもしれません。勤務形態も柔軟で、時間の都合もつけ安メリットがあります。

シングルマザーの仕事は子どももいますので、時間も限られてきます。ですので、会社も自分で選ばなくてはなりません。